周年事業とは

周年記念事業とはHow to anniversary

周年記念事業とは、企業や学校だけでなく福祉施設や病院などの団体や組織の創業や設立を基準にして考え、主に10年目、30年目、50年目・・・などキリの良い節目の時期に企業の継続を祝うことです。周年記念事業を行う間隔は、10年単位もあれば50年単位であることもあり、団体や組織の規模や理念などによって変わります。中でも100周年記念事業は特別な意味をもって迎えることが多いでしょう。事業の期間は、会社や団体の規模によってさまざまです。
周年記念事業に関わる人は、運営側は周年記念事業を行う企業や会社、団体や組織内部の人で、ターゲットは顧客や取引先、従業員やその家族など多岐にわたります。最近は、社史や記念動画制作などの周年記念事業の一部を外部に業務委託することもあります。

How to anniversary

 

周年記念事業の目的

 

Purpose

周年記念事業の目的

Purpose

周年記念事業の目的

周年記念事業の目的は「内に対するもの」と「外に対するもの」の2種類があります。
内に対する目的は、例えば企業ならば社員に会社の歴史を知ってもらい、今まで以上に会社に愛着を感じてもらうことです。そして今までの貢献に対して感謝の気持ちを伝えるためです。さらに周年記念事業は、そのほとんどを社員や従業員など内部の人が企画と運営を行います。ひとつの大きな目標に向かって力をあわせることは、社員のチームワークや結束力を高めるきっかけになります。会社と社員のこれからのさらなる飛躍を願う気持ちも周年記念事業には込められています。
外に対する目的は、今までの感謝の気持ちと継続の願いを伝えることです。企業の場合、企業規模によっては顧客に対してキャンペーンやイベント、周年記念品の配布を行い、販促を狙った周年記念事業を展開することも増えています。最近の周年記念事業の目的は、より外部に対しての戦略的イメージが強くなっているといえるでしょう。
周年記念事業の目的は、事業を行う団体や組織の理念やターゲットとする相手によって変わります。言い換えれば、ターゲットをハッキリと決めることで明確な目的を見いだすことができるのです。

団体別にみる!
周年記念事業の具体例

Company

企業や会社組織

Company

企業や会社組織

企業の周年記念事業内容は、企業規模や理念によって大きく異なります。大企業ならば、社史の編成から記念動画作成、取引先などを交えた式典やパーティーの企画運営、周年記念品製作が一般的です。従業員へのねぎらいと感謝の気持ちを込めて旅行や記念品を企画することもあります。企業や会社組織にとっての周年記念事業は、事業戦略の一環であることが大きく、今までの感謝と共にこれからの展望や計画を発表する場にもなっています。そのため「周年記念事業」と銘打ったイベントやキャンペーンを一定の期間にわたって行います。

School

School

学校

学校の周年記念事業は、生徒を交えて学校の歴史を振り返ります。具体的には、記念動画や文集を作成したり、記念品を製作したりして一体感を生み出します。また、学校では関係者を招いて式典やセレモニーを行うこともあります。記念樹の植樹は学校の周年記念事業では人気のある企画です。
とくに100周年記念では、記念基金やサイトの創設や記念ロゴを制作して大々的なイベントを数カ月にわたって行う傾向があります。

学校

Hospital

福祉施設・病院

Hospital

福祉施設・病院

福祉施設や病院の周年記念事業は、式典や祝賀会を開催します。病院や施設関係者だけではなく、地域の方々や患者とともに周年記念事業が行えるイベントも企画します。例えば、患者ひとり一人が小さなメッセージカードや作品をつくり、ひとつにまとめることで大きなひとつの作品に仕上げるのです。従業員や職員に対しては、周年記念にあわせて永年勤続の表彰や優良職員の表彰も行うことがあります。
福祉施設や病院は、企業のような事業戦力的な企画よりも広報的な企画が多いでしょう。イベント例としては、100周年記念講演や施設や院内見学会を開催し、これからの展望や可能性をアピールします。

周年記念事業を成功させるコツ

success

Tips for success

 

周年記念事業を成功させるコツは、企画運営に携わる人たちが同じ熱量で同じ目的に向かって進むことです。そのためには、周年記念事業を行うメンバーの人選も大切なポイントになります。そして時代に応じた内容で行うことも大切でしょう。最近は企業も多様化し、パーティーやセレモニーを行わない場合も多くなっています。そのため、リモートでイベントを行ったり、周年記念品に予算をかけたりする会社や団体も増えています。
周年記念事業の成功は、事業の数ではありません。例えひとつであっても、心のこもったものであればお祝いの気持ちは伝わります。

 

よく読まれている記事

周年記念イベントの記念品。失敗しないために押さえるべきポイント5つ。
周年記念イベントの記念品。
失敗しないために押さえるべきポイント5つ。
周年記念アイテム一覧 周年記念アイテム一覧
100本以上お買い上げの方へ 大口注文承ります! お電話で詳細をお問い合わせください。TEL 0586-87-0711