周年記念イベントの記念品。
失敗しないために押さえるべきポイント5つ。

会社設立の節目を祝う、「周年記念イベント」。
頻繁にあるイベントではありませんし、取引先や顧客を招いて自社を再度PRする機会ともなるイベントとあって準備には力が入ります。
このコラムでは、「周年記念イベント」に欠かせない「記念品」について押さえるべき5つのポイントをご紹介いたします。

  1. もらっても困る…。実際にあった「困った記念品」。
  2. 「こういうのがありがたい」、喜ばれる記念品5つのポイント
  3. 迷ったとき、頼りになるのは
  4. 選ばれている周年記念アイテム

もらっても困る…。 実際にあった「困った記念品」。

「周年記念イベントの担当者にはなったものの、実際にそんなイベントに参加したことはない」。
そんな方も多いのではないでしょうか。
そこで、実際に周年記念イベントに参加した経験のある方に「困った記念品」について聞いてみました。

「こういうのがありがたい」 喜ばれる記念品5つのポイント

失敗例ばかり聞いていると「じゃ、なんならいいんだ!」と頭を抱えたくなりますが、記念品で押さえるべきポイントは5つ。

この5つのポイントを兼ね備えるのが、実は「文房具」
日常生活で誰でもが必ず使うものですし、種類も豊富なので自社のブランドカラーやブランドイメージにあった商品を選ぶことができるのもポイントです。
と言っても、ノートや手帳などは避けたほうが無難。
ノートは消耗品で印象に残りにくく、手帳は1年中手元に置いてもらえるというメリットはありますが使い勝手にこだわる人も多いアイテム。 結局、使ってもらえないということも多そうです。

おすすめなのは「ボールペン」
無難で面白みがない、と思われるかもしれませんが、それこそが「記念品」に求められる要素。
奇をてらったことをするのは避けるのが賢明です。
その上で「記念品」として他と差をつけるために、周年記念イベントの記念品として用意したいのは「高級ボールペン」。
粗品で使われるような安価なボールペンは避けたいところです。
日常的に誰もが使うものだからこそ、品質の違いに気づいてもらいやすく、御社の品格をアピールしやすいのがボールペンです。
普段、自分では買わないようなちょっといいもの、を選んでこそ印象に残ります。
そして、このボールペンには必ず刻印をいれてください。
周年記念の記念品は御社の歴史をアピールし、御社の存在を折に触れて思い出していただくためのもの。
「これ、どこからもらったものだっけ?」
なんてことになってしまってはいけません。
自社の従業員にも配布されることが多い記念品ですから、インナーブランディングも兼ねて、
「うちの会社、センスもいいな」
と社員の満足感も上がるものを選びたいところです。

選ばれている周年記念アイテム

周年記念アイテム一覧